顔のむくみやすい人の特徴

顔のむくみを気にする人には、特徴があるといえます。

体が細めで、丸顔の人。

下半身が細いのに、バストやお腹まわりが大きめの外人体系の人。

そんな人は、お顔のむくみや、年齢と共に、お顔のたるみが気になる人が多いようです。

お顔のかたちや、手足の長さ、身長などは、

やはり、遺伝によるものが大きく影響します。

細い体系の家系、太めの家系…があるのは、仕方ありません。

それと、同じく むくみやすい家系、むくみにくい家系…というのもあります。

食事の好みや、水分の摂り方も、料理を作る人(母親など)の影響により、

似てくるため 作用されることもあります。

一人暮らしになり、食事を見直してから、体形が変化したという人も多いものです。

むくみも 食べ方や、水分の摂り方で、大きく作用される場合もあります。

よく言われているのは、水分の摂りすぎです。

舌に歯を当て、歯型が舌に付く人は、無意識のうちに、

水分を摂り過ぎているといえます。

摂り過ぎた水分をうまく排泄できないことで、

むくみが顔や、特にまぶた周辺に表れることは、よくあることです。

飲み物の飲み方も、関係します。

夜の食事が遅い、食事の味付けが濃く、無意識に飲み物を多く摂っている。

寝る前に、飲み物を飲み過ぎている場合も、むくみを起こします。

また、運動不足で、血流が悪くなっている、

指先や足先が冷えているという冷え症の人も、顔だけは、火照っている、

むくんだ感じがする…という症状があります。

運動が苦手な人も、むくみが起きやすいです。

ストレッチや、マッサージ、柔軟体操をするなどして、

血流をよくする心がけが大切です。

体が柔らかくなると、自然にトイレの回数も増えてきます。

お酒の飲み過ぎは、水分を摂り過ぎて、

アルコールが体に残ることにより、むくみを起こしやすくなります。

浅い眠りも、腸が休まらずに、体のだるさを残してしまい、顔がむくみます。

むくみの特徴を知って、水分の摂り方を見直してみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加