毎日のマッサージで顔のむくみ解消!

女性はむくみやすいと聞きます。

「むくむ」と聞くと、足や指などの体の部分を想像すると思います。

しかしお酒をたくさん飲んだ翌日は、顔がパンパンになってしまいます。

寝不足と重なると、それは、それは大変なことに。

お酒好きの私としては悩みの種なんです。

普段健康にそこまで気をつかわないのですが、

顔がパンパンだとお化粧するにもならず、

朝からとっても気分はブルーになってしまいます。

ですので、マッサージだけは毎晩お風呂で洗顔のついでにするようにしているんです。

それは、テレビで見た方法を自分なりにアレンジしたものなのですが、

まずおでこを指3本の第二関節を使って、さするようにこすります。

この時、顔がむくんでいたら指が食い込む感覚があります。

おでこまでむくむなんて!と驚いたこともあります。

次に目の周りをまた指の関節を使ってまゆげに沿ってさすります。

目の下の眼球の溝部分も同じように、さすります。

目の下の部分はクマもできやすいデリケートな部分なので、

さするというよりも指の腹でぐーっと押すようにマッサージをします。

そしてこめかみのあたりから、ほおの下までを上から下へ、強めにマッサージします。

次は顔の外側に向かって、ほおを中心に顔全体を広げるようにね。

あごからエラにかけても、親指を使ってしっかりと、食い込むようにマッサージ。

最後に首の頸動脈あたりはリンパが通っているので、

鎖骨に向かって老廃物を流すようにマッサージをして終了です。

慣れれば全部で5分程度で終わりますが、

それぞれ10回程度を、ゆっくりとやるようにしています。

このマッサージのおかげで、お風呂上がりは顔もスッキリ。

でもうっかり油断して水分をとり過ぎると大変!

お水を沢山飲んでから寝てしまうと、

せっかくのマッサージも台無しです。

正直最初は面倒だと思ったマッサージですが、

毎日やることによって習慣となってからはやらないと気持ちが悪いくらいです。

日々の努力でむくみが解消されていると思っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加