顔のツボ押しでスッキリフェイスに

face

水分を取りすぎてしまうと翌朝顔がむくんでしまうという経験、

誰でも一度はあるのではないでしょうか?

この原因、実は腎臓の働きの低下にあるのです。

そこで腎臓の働きを活発にし、

さらに顔の新陳代謝もよくするツボを刺激することで、

むくみを解消し、小顔を手に入れましょう。

今回ご紹介したいツボは3つあります。

1つ目に、鈍くなった腎臓の働きを活性化する天柱(てんちゅう)

2つ目は、消化器系の働きを活発にする曲池(きょくち)

3つ目は、2つ目と同様消化器系の働きに効果のある太陽(たいよう)です。

1つ目の天柱の場所ですが、

まず親指を首筋と脊椎の間に沿うよう後頭部に向かって押し上げてみましょう。

すると、髪の生えぎわ辺りに、後頭部の骨にぶつかったところにあります。

そこが天柱です。

次に天柱の刺激の仕方です。

まず、天柱に両手の親指をあて、4本の指で頭を支えます。

そして、ゆっくりと息を吐きながら頭を後ろに倒していきます。

無理せず気持ちいいと感じるところまで倒します。

次に、息を吸いながらゆっくり頭を起こします。

これを10回くらい繰り返します。

2つ目の、曲池の場所ですが、肘を軽くまげてみましょう。

そのときにできたシワの先端の、

くぼみのようになったところが、曲池です。

曲池の刺激の仕方は、まず肘を軽くまげます。

そして、曲池を親指で骨に向かって押すよう、

イタ気持ちいいと感じるくらいに揉みます。

最後に太陽の場所ですが、太陽は、こめかみの中央にあります。

太陽の刺激の仕方は、太陽を親指で目が釣り上がるように押します。

そのとき、他の4本の指は軽く握って頬にあてます。

次に人差し指の横腹で、目尻から目の下を通って目頭へ、

上を通って目尻へと、目の周りの骨に沿って

「の」の字を描くようにマッサージします。

4本の指を伸ばしながら下に降ろし、

人差し指でフェイスラインから頬をすり上げるようにして払います。

これらを覚えて、スッキリフェイスを手に入れましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加